Sorato☆の熱血軟弱DIY

    DIY、ガーデニングを中心に最近のマイブームの多肉やリメ缶を紹介しています。
    --
    --/-- --:--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2015
    02/21 11:18

    DIY回顧録 自転車小屋③

    ブログの更新ってなかなか大変ですが、いい頭の体操になります。

    面白い事を考える、指を動かす、面白い事を考える、指を動かす、納得いかない、消す・・・・

    面白い事を考える、指を動かす、、、、

    やっぱりさっきの方が面白いかな、

    指を動かす、

    さっきのネタが思い出せない、

    妥協する。

    こんなのの繰り返し。

    でも、、、

    人間は頭を動かすのをやめた時が、人間をやめる時なんだな。(山下清風に)

    そのくらいの勢いで書いてます。







    こんばんは、皆さんに笑いと涙をお届けしたい。Sorato☆です。
    ※涙をお届けした事はありませんが。。。



    さて早速前回の続きに参ります。
    IMG_0506_R.jpg
    途中経過の写真があまり無いので飛んでますが、
    骨組みがほぼ完成です。
    この状態まで建ててしまえばだいぶぐらつきは抑えられます。
    今回、独立基礎にしてあるので、安定感に不安があったのですが、
    筋交いも今回は4×4材を使用し、ボルトで固定したので思った以上に
    強固に仕上がりました。







    次に壁面です。(屋根見えちゃってるけど・・・)

    IMG_0776_Rrr.jpg
    壁は1×4材です。
    北側と東側のみ覆いましたが、更に強固になりました。風雨に関しても
    今のところ全く問題ありません。
    西側はカーポートと繋がる形にしたかったので壁を付けませんでした。





    IMG_0778_Rrr.jpg

    垂木を止めるのはシンプソン金具で固定で行いました。
    どうしても見た目は悪くなりますが、木組みが面倒本当は自信が無いなので
    やむを得ず使用しています。




    IMG_0779_Rrr.jpg

    いきなり完成(ごちゃごちゃして汚い!)


    詳細いきます。
    1:屋根はポリカ波板(ダークブラウン)の使用です。

    2:垂木を渡す桟ですが、赤松を使用しました。比較的安価で耐水性に優れています。

    3:東側から順に、ステンレスの傘釘を使用して取り付けです。
    波の山側から4mmのドリルで穴を空けてから、釘を打ち付けます。
    こんな小さい小屋ですが、屋根に上がった時は気持ちいいんです。






    き、気持ちいぇぇわ~~~~






    なんて、言いません。
    恥じらいというものがありますから。




    かなり端折ってしまいましたね。
    これで自転車小屋シリーズは完了です。

    現在は壁面にバラの誘引や飾り付け等をしています。
    実用に加えオサレな空間を目指し、ガーデニングとの融合を目指します。
    5月頃が楽しみです。




    ランキングに参加しています。
    宜しければポッチンお願いします。


    スポンサーサイト
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    ご来場者数
    あなたは
    人目のお客様です。
    プロフィール

    Sorato☆

    Author:Sorato☆
    初めまして!

    DIYにどっぷりハマり中のSorato☆と申します。可愛い息子と娘がいる二児の父親です。

    DIYの他にもガーデニング、リメイク缶作りにも挑戦しています。

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。