Sorato☆の熱血軟弱DIY

    DIY、ガーデニングを中心に最近のマイブームの多肉やリメ缶を紹介しています。
    --
    --/-- --:--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2015
    03/12 20:55

    DIY回顧録 乱形石でペイビング

    平日のネタはだいたい過去ネタです。


    眠くなりそうな時間帯に書くので時間かかります。


    子供の寝顔を見ながら・・・


    寝ちゃおうかな~。。。







    寝るな!


    もう一人の自分が書け!と急かします。





    こんばんは、Sorato☆です。


    今回は家を購入して約5か月後に着手した、乱形石の小道編です。(周りがごちゃごちゃな件には触れちゃなりません)


    IMG_0450_Rrr.jpg


    今回も簡単な詳細書いておきます。

    ①仕様は乱形石(アルビノイエロー)、幅60cm×約11メートル


    ②まずは小道の位置に線を引きます。


    ③その周囲に杭を打ち水糸を張ります。水糸は遣り方という手法で行います。(自転車小屋編参照)
     勾配は1Mで1cm程度の勾配です。


    ④そして大嫌いな穴掘りですw
     15cmくらい掘ったでしょうか。11Mの長さはいきなり腰ががくがくでした。


    ⑤3cm程度の砂利を敷き詰めます。さすがに足で踏み固めるのは無理なので、
     木材を使用しタンパーまがいのものを作り、地固めしました。


    ⑥コストダウンを図る為、通常のレンガをグラインダーで半裁します。


    ⑦60cm幅でレンガをモルタルで固定します。


    ⑧その後、乱形石をモルタルで貼り付け一つ一つ高さを合わせます。


    ⑨最後に目地をモルタルで埋め、隙間から漏れたモルタルを濡れたスポンジでふき取り完成です。






    ずばり、初期のDIYとしては難易度が高かったです。

    特に厚みが均一でない為、高さ合わせはかなり苦労しました。週末DIYでおおよそ1.5カ月

    程かかりましたが、細かい目地埋めは面倒になってしまい、最終的に完成~と言えたのは

    1年後・・・。

    放置とはこの事ですね。反省です。

    因みにコストは乱形石代で4万3000円くらいだったと思います。あとはレンガ、セメント代くらい

    なのでトータル5万円を切るくらいでしょうか。



    何はともあれ、この頃からDIY、ガーデニング熱が徐々に上がり始めたように記憶しています。

    DIYの最大の魅力。それは




    『お安いコストで最大の満足感』



    これに尽きると思います。

    自分で設計して作るので、メンテナンスや修理も可能なモノが多く、その際のコストも勿論抑えられます。

    既製品には無いサイズで作れるので、本当に欲しいサイズで作れます。


    逆にデメリットもあります。

    とにかく時間はかかってしまう事です。なかなか時間を割けない人にとっては面倒かもしれません。



    ハマるかハマらないか。

    まずは、やってみる事をお勧めします。




    ランキングに参加しています。
    宜しければポッチンお願いします。
    スポンサーサイト
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    ご来場者数
    あなたは
    人目のお客様です。
    プロフィール

    Sorato☆

    Author:Sorato☆
    初めまして!

    DIYにどっぷりハマり中のSorato☆と申します。可愛い息子と娘がいる二児の父親です。

    DIYの他にもガーデニング、リメイク缶作りにも挑戦しています。

    検索フォーム
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。